« GT4で振り返るWRC列伝!!第十三回 | トップページ | F1マレーシアGP予選~ »

2008年3月21日 (金)

GT4で振り返るWRC列伝!!第十四回

とうとう見たぞ~ヽ(≧∇≦)ノ

龍魔です~

何を見たかと言うとあれですよ、日産GT-Rですよ。

犬の散歩中に信号待ちしてる所を通り過ぎて行きましたw

なので気が付いた時はあの特徴的なテールランプしか見れなかったわけですがw

まぁ静かですねGT-Rは・・・エンジン音も大人しくてスーパーカーじゃないですね、あの音は。

見た目もそうですが、よく出来たGTですよね~

以前見たランボルギーニ ディアブロの方がスーパーカー!!って言う音でしたしw

存在感が違うって思いましたね。

速さは折り紙つきなんでしょうけど、スーパーカーは誰でも乗れる気安さはいらんのですよ(`・ω・´)

安全なのは、いい事なんですけどね~

で、今日はF1マレーシアGPのフリー走行の日

タイミングモニター見つつ熱狂してましたw

午前のフリーではマッサが1分35秒台に唯一入れてトップタイム、2番手ライコネンとワンツー。

その後に、コバライネンで4番手にウィリアムズのロズベルグ!さらにハミルトンと続いてアロンソとピケのルノー勢と言った感じでした。

ウィリアムズもさることながら、ルノーが結構速かったフリー1回目でした。

で、午後のフリー2回目は更なるサプライズが!!

予選の結構早い段階でトロ・ロッソのベッテルが36秒台の好タイムをマーク最終的に5番手タイムを記録すると、ホンダのバトンが終了直前に4番手タイムを記録とかなりいいタイムを出してきてました。

その上はハミルトン、マッサ、ライコネンで、この3人は35秒台トリオになりましたw

マクラーレンのコバライネンは1回目とは違ってトゥルーリの後ろ7番手タイムでした。

また、午前上位にいたルノー勢は、14と15番手、ウィリアムズは中嶋が10位ロズベルグが12位となってしまいました。

セッション途中から気温、路温共に下がってきて湿度が上がってきてたので、明日は雨の中の予選になる可能性も出てきてますね。

元々雨の予報も出てたみたいですが、TCSの無いF1に戻って初のレインコンディションになれば開幕戦以上に混乱と波乱に満ちたレースになるかもしれないですね~楽しみです!!

さて、ここで拍手コメント紹介~

>こないだ拍手送った奴です。実は去年までM菱のディーラーメカニックしてたんですよ。だからWRC話に食いついてしまったんですよ(笑)。

>スタリオン4WDは出走こそしなっかたものの、技術的にはかなり凄かったんですよー。

>当時ですらようやくMRもしくはFR4WDが登場し始めた時に、「スタリオンはFFだから、FF+4WDでいけるんじゃね?」的な発想で開発されましたから。

>トランスファの開発が一番難儀だったみたいです。

>私は現在のF1はほとんど見なくなりましたが、90年代は馬鹿みたいにハマッテました(笑)。

>史上最高の”NO2ドライバー”は、G・ベルガーでKI☆MA☆RI☆

度々コメントありがとです~♪

元M菱の方でしたか~車には詳しそうだ~w

スタリオンってFFでしたっけ?市場に出てたのはFRですよね?あれ?何か知らない隠されたFFモデルでもあったのかな??それともスタリオン4WDのベースがFF?

90年代と言うか92年まででしたかね~面白かったのは・・・

去年までは楽しむベクトルがレースではなかったのがねぇ・・・今年はTCSなどが禁止されて少しは昔のF1に戻ってきてくれたかなと思ってます。

やっぱりF1はドライバー選手権!ドライバーの腕で勝敗が決まらないと面白くないです。

確かにNo.2最高のドライバーですね、ベルガーは。

ただ、99年のル・マンでベルガー率いるBMWが・・・あの周回遅れのBMWがさっさと退いてくれれば~。・゚・(ノД`)・゚・。

こほん・・・気を取り直して、早速始めましょうか、第十四回GT4で振り返るWRC列伝!!をw

今回の車はこちら~

ルノー 5Maxiターボ!!

Img0090 Img0087 Img0086

第八回で紹介したルノー 5ターボのGr.B仕様ですね。

マシンレイアウトは以前と同じくFFのサンクをMRにしてターボで武装したラリー用スペシャル!!

って感じの車です。

WRCでは、85年の第5戦ツール・ド・コルスで一勝を上げるのみにとどまるといった成績しか上げることが出来なかった車です。

周りのライバルはランチアラリー037以外4WDと言った状況ではいたしかたないと言った所でしょうか・・・

さて、ここからが本番の本番!

GT4での5Maxiターボの実力やいかに?

走らせて見た最初の感想は、これも速いなぁ~でしたw

ただ、後輪駆動でかなりのハイパワーなせいか、すぐに回るw

回さないように気を付けてアクセルを開けていっても急激にトルクが掛かるせいかなかなかコントロールできない有様・・・orz

パワーバンドを外すととたんに吹けてこなくなり、パワーバンドに入ったとたん猛烈なパワースライドを起こすとてつもないじゃじゃ馬でした。

しかも、4WDじゃない事は別の所でも弊害があって、直線でアクセル全開にするとたちまちホイールスピンを起こしてタコメーターだけ振りきれる有様w

とても扱いにくいと言った印象しかありませんでした(´ω`)

気になるタイムも

グランドキャニオンで2分45秒139

シャモニーで2分27秒822とちょっと遅い・・・

もう少し穏やかなトルク特性か4WDであったらなぁと思う車ですね。

次回は、ラリー最強メーカーのGr.Bマシンの登場です。

Img0083 豪快にスライドするMaxiターボ

|

« GT4で振り返るWRC列伝!!第十三回 | トップページ | F1マレーシアGP予選~ »

GT(グランツーリスモ)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。